-->
SSブログ
前の10件 | -

SkyLeaf Leader A1 販売終了その後 [ショップ]

先月、販売終了になったSkyLeaf Leader A1 の状況。
Leader-A1.jpg

実は再販の可能性があったのですが、最新の状況で再販無し決定になった
ことが分かりました。

元々、数量限定で発売になった機体ですから仕方がありませんね。

なお、SkyLeaf Leader gはまだフタバに在庫があるのですが、
こちらも追加ロットは無いし、残りも僅かだそうです。
(もうすぐ1ケタ台とのこと)
Leader_g_1L.jpg

コメント(0) 

カーボンプロペラのバランス調整痕 [Know How]

初めてカーボンプロペラを使われる方から、プロペラ裏面に付いている丸い凹みって何?
(不良じゃないの?)の問い合わせがたまに来ます。
IMG_8349_b.jpg

商品説明にも記載しているのですが、これはバランス調整痕なので問題ありません。
電動機の場合はプロペラバランスの崩れが振動としてすぐに分かるため、メーカーで
ちゃんとバランスを取っている証拠です。

この調整痕が、たまに無いものもあります。
それはバランスが崩れていないので処理をしていないだけです。
IMG_8350_b.jpg

物によってはハブ部に痕があるものもあります。
垂直方向のバランスも取っているのですね。
IMG_8353_b.jpg

ちなみに、バランスを取ってあるのはファルコンとメイズリックのカーボン
プロペラだけです。コントラオリジナル(ブレンナー)プロペラは何も
やっていません。これは素材だと思ったほうが良いです。

コメント(0) 

スピンナー [パーツ]

最近変えたスピンナーの色
パッと見はメタリックレッドですがソウルレッドクリスタルメタリック(のつもり)です。

IMG_8346_b.jpg

街中で見かけたとき、良い色だな~と思ってました。
調べてみたらマツダ車に採用されている匠塗(たくみぬり)と言われるレッドで、
論文(技術報告?)まで出ている非常に手の込んだ塗装でした。

材料や手順も違うのでオマージュということで。

IMG_8240_b.jpg
コメント(0) 

JA Product製リポ再入荷 [ショップ]

大変お待たせしました。
JA Product製リポバッテリーが再入荷しました!

JP5S1P-9044121PH_1b.jpg

JP5S1P-1044121PH_1b.jpg

JA Product製リポバッテリー 5S 4700mAh 30C
JA Product製リポバッテリー 5S 5200mAh 30C
コメント(0) 

SkyLeaf Leader A1入荷 [ショップ]

先週、SkyLeaf Leader A1が2機入荷しました。
IMG_8243b.jpg

1機は顧客ので、もう1機が私のです。
NEO複葉が初飛行したばかりなのに新しい機体を買っちゃってどうするの?と、
クラブのみんなに言われてしまいましたが、一度飛ばせば分かる、今所有しないと
後悔する機体だと思ったから~と言い訳しております(汗)

それを証明するように、先週末に行われたオールジャパンの関東予選でも、
A1の凄さが皆さんの目に焼き付いたようです。
今日、フタバの営業さんに聞いたところ、週明けからA1の注文が大量に入り、
もう残りは僅かだそうです。皆さんAJ関東予選で見て決められたようですと
言っていました。

私が所属しているクラブからも5人エントリーでしたが全員本選出場の快挙で、
そのうちの3機がA1でした。また他クラブですが、A1で初めて予選通過の方も
いらしたようで、戦闘能力の高さが結果に表れたのだと思います。





コメント(0) 

防臭袋 [工具]

家ではニャンコを飼っており、うんちをビニール袋に入れて
処分しても匂いが漏れ出すのは仕方が無いと思っていましたが、
妻がこれを探してきました。

IMG_8223b.jpg

「うんちが匂わない袋」ってベタな名前の防臭袋です。
(犬の絵が描いてありますが猫用も中身は同じ)

妻曰く、うんち用だけど模型用で使っている人も居るみたい。
というので早速使ってみたら、、、

全然、匂わない! スゲ~!!

塗装時に残った塗料やシンナーが染みたウエス等を捨てる際、
今まではビニール袋に入れてゴミ箱ポイするも強烈な匂いが
染み出てきていましたが、それが全く匂いません。

室内で塗装やポリ樹脂作業することがありますが、今までは
夜中でもわざわざ外のゴミ箱に捨てに行っていましたが、
部屋のゴミ箱で済むので超楽。
価格はちょっと高いかもしれませんがスグレモノですよ。

・メーカーサイト
https://bos-bos.com/product/bos/inu/

・amazon
https://amzn.to/31LA4zn

コメント(0) 

コネクタとコードの最大電流値 [Know How]

55mmb.jpg
(写真と記事は関係ありません)

コネクタやコードの最大電流値はサイトによってバラバラです。

例えば5.5mm先割れコネクタだと、ちょっと調べただけでもMAX50Aとか
12AWGコードでもMAX40Aという物もあるのでF3Aに使って大丈夫?
と思われるかもしれません。

このような値になる理由は測定方法に条件が付くからです。

一般的に、最大電流値はコードやコネクタが閉空間に置かれていて
空気の対流が無い場所での値のようです。
家の壁の中が条件的に分かりやすいと思います。

コネクタやコードはそれぞれ抵抗値を持っているため電流値によって
発熱します。その時にコードであれば被覆が溶けてショートや発火しない
ようにしなければなりません。コネクタもコードが付くので同様です。

それぞれのメーカーで測定して更には安全率も掛けるでしょうから、
最大電流値はかなり低い値になるようです。

さてラジコン飛行機の場合、飛んでしまえばある程度冷やされるため、
経験則で12AWGで5.5mmの先割れコネクタなら大丈夫という感じだと
思います。
コメント(0) 

ESCの発火防止策(その3) [Know How]

ハンダ付け時にも注意が必要です。

ヤニ入り半田を使うと経験すると思いますが、ハンダボールが飛び散る
場合があります。(メカニズムは良く分かりませんが、フラックスが
急激に熱せられて膨張しハンダを飛ばすようです)

ESCにコネクタをハンダ付けする際に、このハンダボールが基板に付かない
ようにESCをカバーしておくと安心です。

私は不要になったコピー用紙に穴を空けコードを通してカバーしていますが、
この程度で十分です。
IMG_8213b.jpg

IMG_8214b.jpg
(写真は既にコネクタを取り付けたESCを使いました)
コメント(0) 

ESCの発火防止策(その2) [Know How]

他にESCが発火する原因として考えられるものに導電性異物があります。

導電性異物?と思われる方が多いと思いますが、カーボンの粉が代表例です。
機首部がカーボン成型された機体で加工等を行った際に掃除が不十分だと、
カーボンの粉がESCに付着して、あるタイミングでショート~発火に至る
メカニズムです。

MC9100Aでは基板がシールドされていないので、ゴミや異物が入り放題です。
そこに導電性のものが入り回路ショートしたら、場所によっては火を噴く
ことがあると思います。

私のところにコネクタを取付け依頼されたESCが届くのですが、使用中の
ESCの場合、何か付いているなと思って拡大鏡で見ると、黒い粉が付着
していることがたまにあるのです。
本当に導電性かどうかは分析器具を持っていないので調べようが無い
のですが、いかにも危なさそうでしょ?

お願いしたいのは、モーターやESCが載った状態でカウルの切削加工は
絶対に止めてください。

メカ積み時も含めてノーズカウルを加工した際は、掃除機で良く吸うか
エアーダスターで吹き飛ばすかした後に、アルコールスプレーをバンバン
かけて洗い流してください。

まだ続きます。


コメント(0) 

ESCの発火とコネクタ [Know How]

【最初に】
以下の内容は検証されたものではありません。
経験や見聞きしたことから推測したものであり、事故の発生が少なくなればとの
思いで発信するものです。

-----

フルサイズ機で使用されるフタバのMC9100A ESCが発火する事例を良く聞きます。
日本においてはかなりの割合でこのESCが使われているので、それを考慮すると
どうなのかはおいておきます。

まず、ESCとモーター間を接続する3本の線のうち、1本が断線するとESCが
発火するという噂があります。
あくまでも噂で自分で確認したことは無く(もし本当なら勿体なくてできない)
フタバに聞いたところ、既存モーターにて検証したが再現したことが無いとの
回答でした。但し、断線時にそのようなことが起こる可能性については
絶対無いとは言い切れないとも言っています(技術者として正直ですね)

次に、実際にESCが燃えた方に直接聞いたときに、この3本の接続コネクタに
4mmのバナナタイプコネクタが使われている事例が多いのが私の経験上言えます。

このコネクタはたくさんのメーカーから発売されていますが、中には信頼性が
低く、繰返し応力によりクルクル回る接触部が抜けてしまうものがあるようです。

最近のモーターユニットはフローティングマウントされているものが多いため、
普通のスロットルオンオフでモーターがトルク方向に回るのと、舵を打った時の
ジャイロプリセッションでも上下左右に動くので、コネクタ部にはかなりの
負荷がかかりコネクタの破損に繋がっている可能性があります。

また、可動部があるということは接触抵抗が高いということなので、フルサイズ機
のように80A~100Aも流すところに使うと、かなり発熱します。
元々イモハンダだったのかもしれませんが、この熱でハンダ付け部が溶けて断線と
いう事例も見たことがあります。

この2つが同時に起こった場合、ある確率で発火するのではないか?

というのが私の推測です。

対策として、ユーザーに出来るのはコネクタの変更です。
4mmであれば先割れタイプに変更で、K&Sやハイペリオンから出ています。
もしくは接触抵抗が低いSUPRA X 4mmF3A Proコネクターが良いと思います。


コメント(4) 
前の10件 | -