-->
So-net無料ブログ作成

OSリダクションユニットのプーリー交換 [Know How]

OS製F3Aモーターリダクション OMR-4043-172のプーリーを交換し、
新型のOMR-4043-165相当にしました。

自機の50Pro製ユニットですが、基本パーツはOS製と同じです。
使う工具はHEXレンチドライバービットサイズ2.0のみ。
ちゃんとビット先端精度が出た工具を使ったほうが良いと思います。
IMG_7002b.jpg

まずベルトテンションを緩めてから、フロント側ユニットを外します。
OS製ユニットならば赤矢印4本だけですが、50pro製は黒矢印ネジも外します。
IMG_7003b.jpg

フロントユニットが外れました。
IMG_7004b.jpg

リア側ユニットネジは2本外すだけです。
IMG_7006b.jpg

前後のプーリーが外せました。
IMG_7007b.jpg

プーリーは4本のネジで止めてあります。
IMG_7008b.jpg

プーリー大を取り付けます。
ネジの締め付けはトルクレンチを使ったほうが良いと思います。
IMG_7010b.jpg

から回ししてブレがないか確認します。
最初の取り付けで確認したら少しブレがあったので、取付位置を変えたら直りました。
何かゴミでも噛んだか?
IMG_7012b.jpg

新ユニット相当になりました。
ベルトテンション位置が大きくズレているのは正しいです。
IMG_7013b.jpg

ファルコンかメイズリックの22"ペラで飛ばしてみようと思います。

・OS製OMR-4043-165用プーリー大(P49フロント)
・OS製OMR-4043-165用プーリー大(P49リア)

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。